引越の赤帽の業務


引越の赤帽の業務は宅配便の末端配送下請け、引越し、ルート配送、緊急貨物の配送が主となっています。

基本的に赤帽の運転手は個人事業主で、かつ営業方針は自由に設定できるので、各自で運送とはかけ離れたサービスを付随させていたりする場合もあります。トラックは富士重工業製のサンバーを使用しており、一部ではプレオバンも使われています。

赤帽宅配便については事実上、赤帽ブランドで宅配事業は行っていません。ヤマト運輸「宅急便」以外の他社大手宅配業者の下請け(営業所から配送先宅への配送など)となっているのです。ただし、一部の単組では宅配事業に力を入れ、事業を拡大しようと努力しています。

引越し料金については各赤帽単組(各県の地方組織)によって基準自体が異なります。上限料金・基準料金・下限料金があり上限が一番高くなっています。東京近郊は上限料金になっているようです。

一般運送料金、引越し料金とも実際の運用は各単組、加盟運送店によって異なり、注文の際は確認しましょう。

また、運送依頼は必ずしも支部や営業所に出す必要はなく、近くの赤帽運送店に電話をすれば引き受けてくれます。

それでは皆さんも引越の際は赤帽で!

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/36927242

この記事へのトラックバック

家庭保育園をはじめよう
Excerpt: 家庭保育園のシステムは3歳までの子供を対象とした 天才時を育てる素晴らしい教育システムだと思います。 小さい子供に教育をする事に関しては 反対の意見もあるでしょうが この家庭保育園のシステムは子供..
Weblog: 家庭保育園であなたの子供も天才児
Tracked: 2007-05-24 15:34
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。