引越の準備と方法

引越しでは、次のような手続きや作業が必要となります。

1. 転居先物件の確保
・転居先物件の貸借契約締結
・転居先物件の購入
・転居先物件への間借り

2. 搬出・搬入手段の計画立案

3. 受益サービスの解約・清算手続き、もしくは異動届提出 - 電気・ガス・水道・通信回線(電話回線やFTTH等のインターネット接続回線を含む)といったライフラインのうち、転居元と転居先で提供会社が異なる場合は解約清算手続きを、提供会社が同じ場合は異動届の提出をそれぞれ行う。

4. 郵便局への住所変更届提出

5. 関係官庁への届出
・日本国内の個人の場合、市町村役場への転出届、公立学校への転校届出、健康保険の異動届などがある。

6. 転出物件からの家財等搬出、清掃

7. 転出物件の貸借契約の清算(貸借契約がある場合のみ)

8. 家財等運搬

9. 転居先物件への家財等搬入

10. 転入先関係官庁への届出
・日本国内の個人の場合、市町村役場への転入届、健康保険の異動届などがある。
・日本国内の法人の場合、本支店移転登記申請、税務署・社会保険事務所・労働基準監督署・公共職業安定所などへの異動届などがある。

11. 受益サービスの新規契約締結、および住所変更届提出

その他、転居元と転居先の各周辺住民や取引先、得意先、所属団体への届出や転居の挨拶をすることも大切です。また日本では伝統的に引越そばは有名ですよね。



この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。